住宅ローンを借り換えるメリットがある人

住宅ローンを組むことで、現在物件を購入するだけの資金がなくともマイホームを購入することができます。もちろん、その後は借りたお金にプラスして金利も返済していかないといけませんので、住宅ローンはできるだけ金利が低いところが良いとされています。

しかし、住宅ローンの返済というのは十年二十年と時間がかかるものです。そのような期間が経つことで、当時はなかった低金利な住宅ローンが新たに登場しているかもしれません。

そのような時に便利なのが借り換えです。住宅ローンをより金利の低いところへ借り換えることで、返済額を安くすることができる可能性があります。

もちろん、既に住宅ローンをほとんど返済し終えており、あと数年もすれば完済できるという人や、返済額が少額になっている人はその限りではないです。

つまり、まだローンが多く残っている人ほど、金利の低い住宅ローンに借り換えるメリットは多くなるということです。たった1パーセントの金利でも、1万円か、それとも1000万円かで、払う返済額は大きく異なるからです。