3年前に中古マンションを購入し、リフォームして住んでいます。子どもが小学生に上がる前に、住む家を決めたいと考え、なおかつ無理のないローンを組めるくらいの価格の物件を探していました。希望の地域に今のマンションが売りに出ていたのですが、当時かなり安かったと思います。元の家主の任意売却の物件ということで、かなり価格が安くなっている、と不動産仲介業者は話していました。「そんな理由で安くなるものなんだ…」と思いましたが、自分たちにとってはとても良い条件でした。

室内は築年数も古く、リフォームの必要を感じました。カーペットの床をフローリングに変えたり、壁紙を張り替えたり、キッチンなどの水回りをリフォームしました。仲介業者がリフォーム業も兼ねていたので、見積もりを出してもらいましたが、正直高すぎる、と感じました。そのため、知り合いのリフォーム業者に頼むと、信じられないくらいの格安で引き受けてもらえました。業者でこんなに値段が違うとは…とまたまた驚きでした。

住宅購入にしてもリフォームにしても、売買の状況や業者の選定によってかなり価格が抑えられることを感じましたね。いろいろと好条件が重なって、満足いく住宅購入になりました。