アメリカでの住宅ローンというのは、色々とバックグラウンドがチェックされます。

日本でもそうなのかもしれませんが、アメリカはソーシャルセキュリティナンバーで全てが管理されていますし、クレジットカードもほとんどの人が持っていますから、それを用いて色んなクレジット状況をチェックするのです。

我が家もアメリカで住宅ローンを組もうと思い、何も問題がなかったのですが、今までローンを組んだ事もないということから、住宅ローンを組むことが容易ではありませんでした。

住宅ローンどころか車を買う際のローンを組むのにも困難をきたしました。

ですが、住宅ローンもなんとかおりて毎月スムーズにローンが払われていることが分かれば、外国人であってもほとんどの場合ローンがおりるのだということが分かり、最初から色んな所でローンを組んでおけばよかったなと思いました。

今では色んな会社から何かを買うためにローンを組めますよなんていうオファーがくるほどです。