私の実家は築30年を超えています。私が小学生の時に中古物件の一軒家を購入し、現在も両親がずっと住み続けています。

外観はキレイに見えても築年数が進むにつれて傷んでくるのが水廻りです。

年々台所のシンクやお風呂の痛みが酷くなり、修理を重ねても根本的な解決にはならなかったのでついにリフォーム工事をする事になりました。

生活しながら一度に両方の工事は大変なので台所が終わったてからお風呂の工事をする事になりました。

工事してくれるリフォーム業者は横浜から来てくれてました。
そして工事は、台所の床板からシンクまで総入れ替えをしました。

仕事から帰るとリビングに山のように荷物が追いやられ、工事中の食事は惣菜ばかりで大変でした。
それでも工事は急いでやってもらえたのでわりと早く完了しました。

そして次はお風呂です。こちらは台所の時よりストレスが溜まりました。なぜならお風呂に入れないからです。お風呂に入れない事は女性には一大事です。両親は銭湯に行っていましたが、私は多くの人が入るお風呂が苦手なので彼氏の家にお風呂だけ入りに通っていました。

リフォーム中は大変な思いをしましたが終わってみると良い体験でした。やっぱりキレイな水廻りは使っていて気分が良いです。